緑でサラナ コレステロール

何故野菜でコレステロールが下がる?

コレスレロール低下には緑でサラナ

コレステロールは野菜の力で下げられると言われています。なぜ野菜でコレステロールが下がるのでしょうか?

 

 

野菜がコレステロールを下げてくれるのには、野菜に含まれる食物繊維が関係してきます。野菜に含まれる食物繊維は、余った脂質の吸収を阻害して、胆汁酸を吸収し、便と一緒に出してくれるので、胆汁酸が減ります。

 

 

日本人の多くは野菜をあまり摂れていないと言われているのですが、1日に必要な野菜は350グラムと言われています。1日にたくさんの量の野菜を摂るのが難しい人におすすめなのが、緑でサラナです。

 

 

緑でサラナは、1日1缶で野菜を105グラムとることができ、飲むだけなので誰でも簡単に続けることができます。1缶に8種類の野菜と果物が入っていて、緑でサラナを飲むだけで、偏った食事でコレステロールが増えていたのが、野菜の力でコレステロールを低下させてくれます。

 

 

長年の研究でブロッコリーやキャベツがコレステロールを下げることがわかり、緑でサラナは、特定保健用食品として今注目を浴びています。

 

 

緑でサラナの成分について

緑でサラナには、特徴でもある主成分SMCSが含まれています。SMCSは、コレステロールを胆汁酸に変える酵素を活性化する作用があり、小腸への分泌や排出などの促進に働きかけます。

 

 

 

 

緑でサラナには、キャベツやブロッコリー、パセリ、セロリ、大根葉、レタス、ほうれん草、小松菜などSMCSを豊富に含ま食材が使用されています。更に、りんごやレモンも使用されているので、緑でサラナはバランス良く食材を使用した商品です。

 

 

コレステロール値改善にサポートしてくれる、緑でサラナは毎日の野菜不足が気になる人にもおすすめできます。健康食品やサプリは、日々の継続が大切なポイントになり飲みやすさが大切です。その点、緑でサラナはフレッシュピューレ製法を採用しているので、野菜特有の青臭さを感じることなく美味しく飲むことができます。

 

 

また、保存料や香料、砂糖、食塩などを一切使用していないので、安心して毎日継続できます。また、食物繊維がバナナ3本分なので、腸内環境を整える働きも期待ができ、便秘解消にもアプローチができます。食物繊維は、糖質の吸収を抑制する働きがあるので、キャベツやブロッコリーに含まれているSMCSと共に、身体の健康に働きかけてくれる健康飲料です。

 

 

緑でサラナの最安値販売店は?1番安いのはここだけ! topに戻る